初代DSのポテンシャルを引き出そうとした人wwwwwwこのサイバー感たまらない

 

1

画面を2つ持つことや、タッチスクリーン・マイクによる音声認識などの操作方法(ユーザインタフェース)、すれちがい通信といった通信機能を持っており、それらを利用した「Touch! Generations」という一連のシリーズを発売した。
2004年(平成16年)までのテレビゲーム(コンシューマーゲーム)業界では、特に映像表現に関わるハードウェア技術の発達に伴って全体的にゲームが画一的、マンネリ化状態に陥っており、ゲーム人口も減少傾向(ゲーム離れ)にあったため、それを打開することが焦眉の急になっていた。また、マスコミなどで非行・引きこもり・ゲーム脳などゲーマーやテレビゲームのネガティブ・キャンペーンも行われていた。
ニンテンドーDSは斬新な方法で「ゲーム人口の拡大」を進め、新たな層の獲得にも成功した。任天堂が進めた「ゲーム人口の拡大」によって、教育や教材への活用や、Wiiの誕生にも影響を与えた。さらに、単なるゲーム機ではなく「所有者の生活を豊かにするマシン」を目指すと述べた。
2010年(平成22年)3月に日本国内の累計販売台数が3,000万台を突破し、2014年(平成26年)現在、全世界での累計販売台数は1億5,000万台以上に及ぶ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ニンテンドーDSより一部抜粋





カテゴリ:未分類
タグ:


コメントを書く

・本文

最近の投稿